読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RUNABOUT!!

たまに自作パンを持って山を歩いたり走ったり、大会ボランティアしたりしています。更新度超低めでのんびりやってます。

第8回神流MR&W準備作業へ

いよいよ神流MR&Wまで一週間を切りましたね。
先日の日曜日は去年に続きコースの事前整備を行ってきました。
担当区間は白髪山山頂(L-32)~安取峠(T-06)の整備です。


朝早くからから神流町内外から集まったボランティアの皆さん。

今日一日で前日開催のウェルカムパーリーで使う竹串、竹カップ、ゴールゲート、地元子どもたちのコメント付きプランター諸々全てを用意するんだから大変です。

手早く要件を伝えて各持ち場へGO!

我々は白髪山入口辺りまでマイクロバスで輸送していただき、そこから山頂まで登って作業開始です。


本大会最高地点の白髪山山頂付近は風が冷たいです。
念のためウィンドブレーカーは携帯してくださいね。

紅葉も進んでいて、すでに葉が落ち始めています。
大会当日はもっと落ちていると思いますが、きっと極上のトレイルを満喫できると思いますよ!

お楽しみに。

さて、この区間一番メインとなるのが、ミドルとの合流地点から持倉集落へ続くつづら折りの下り区間「御僧尾根」。
落ち葉が深くて、その下に隠れている浮き石が厄介なポイントですよねー。


落ち葉を掃きつつ目立つ浮き石を除去しました。

それでも当日は枯葉で埋まっている思うので、足裏に神経を集中させて軽やかに突っ走ってください。


御僧尾根には数箇所程度あった朽ちた倒木を撤去しました。
完全に朽ちているのかと思いきや、意外としっかりしていて役場の方の大汗かきながらの作業です。


竹やぶが見えてきたら御僧尾根ももう終わり間近ですね。
※途中持倉集落が見えるとこあります。
アスファルトに出る直前は特に足元が不安定なので気をつけて。


この日は天気にも恵まれ、最高の眺めを見ることができました。
当日もバッチリ晴れて、この眺めを見て欲しい!
※雨上がりの持倉もしっとりとしてそれもまたいいんですけどねw

でも、高齢化からお蕎麦の提供は年々厳しくなってきているそうです。
ボランティア協力が必要不可欠なので、来年も皆さんのお力添えをお願いします!


持倉から数キロ走って足元がコンクリートになったら安取峠(A6エイド)。
でもここの急坂が地味にしんどい。


さて、我々の作業はここまで。
ここを越えたら最後に待つ極上のトレイルを堪能してゴールを目指してください。

ただ、この先にあるT-12の辺り(ゴールまで残り3km程度の場所)は少々危険な場所とのことなので、スタッフ指示に従ってくださいね。


それでは、大会当日にどこかで応援しております(^^)