読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RUNABOUT!!

たまに自作パンを持って山を歩いたり走ったり、大会ボランティアしたりしています。更新度超低めでのんびりやってます。

第58回 桐生掘マラソン

Running
 
 
久しぶりのレースなせいか、スタート前から心臓は超ハイペースで脈打っちゃってエライことに。
最近走っているときにこの症状は頻発するんだけど、まさか走る前からこんな調子になるとは思わなかったw
 
 
ってことで、今回はいつも以上にファンラン! 最後尾からのんびりと走りだした。
 
 
スタート直後はそれなりに団子になっちゃいるものの、2kmくらいからバラけ出す。
雰囲気的にオレの後ろは数人しかいない模様w なんかやたらと『無理すんなよ!』と言われるんだなwww
 
そりゃそうだ、スタートからずっと心臓はバクバクいっぱなしで、歩いているのと大差のない速度だったんだよね。 表情も悲壮感が漂っていたのかもしれない、頭の中ではリタイアすることばかり考えていたから。
 
でも、まだ市街だから応援している人も多く、ただ止めどきをずっと伺いながら足を進めている自分。 そんな訳のわからない葛藤と闘いながら4km…5km…6km…と進むと、向かいからはトップ選手がもう折り返してきた。
力強く走ってくるトップ選手を見て、自分もイッパイイッパイのくせして思わず声に出して応援をするも、それは彼らを応援しているんだか、自分に言い聞かせているんだかよくわからない状態にw
 
ただただつらい状態で6km付近から勾配が大きくなり、さらにつらく息も絶えだえで登る。
 
あぁ、こりゃもう完全に制限時間に間に合わないわ…と諦めかけたときに、苦しかった胸が急にスッキリとする。 つかえがスポッと抜ける感じ。
 
 
チョーリキショウライッ! どうやら覚醒したようですwww
 
 
すぐに体調のチェック。 足は当然まだ生きている、心拍も一番気持ちのいい状態を維持している。 そして今は登り坂…ヤダ、チョット燃えるじゃないの!www
 
山楽走のみんなもガンガン前から折り返してくるから、こちらもテンションはアガる一方。
でもさすがに7kmまでのダラダラペースで積み上げた時間がズッシリとのしかかる。 折り返し地点に到着するころには1:15くらいかかってしまい、やはり2時間切るのは絶望的。
 
唯一の望みといえば、折り返し後は下り基調&追い風になるんでさらなるペースアップは確実。
なにより気持ちよく走れるのが嬉しい。 心が折れていないのもいい感じ。
 
そこから先は地獄のような往路が嘘だったかのような夢気分で市街へと向かいました。
 
 
記録は2:04:32…いやはや、お恥ずかしい限りですなwww
 
でも、これだけ気持ちよく走れたのは久しぶりだし、完走できたのは自信につながった。
3月の大江戸ナイトランを完走できるような力が今のオレにあるとも思えないけど、とにかく走れるだけ走ろうと思う。
 
そして5月のSTYを完走できるように、体を一から鍛えなおさないとなー。
 
 
しかし、今年の堀マラソンのTシャツはビックリするほど格好良くなった!
前回はお世辞にも格好いいとは言えない(オレはそのダ◯さが好きではあるw)デキだったからなぁー。
来年もぜひ参加したいと思う。
 
 
さて、次は青梅マラソンだな。
完走目指して頑張るぞー(^^)